/

【2022年最新】電子契約ツールおすすめ8選| 料金や目的別に徹底比較

538 Views
/

リモートワークの拡大と共に、オンライン上で簡単に契約締結が完了する「電子契約ツール」に注目が集まっています。

  • 「どんな電子契約ツールを利用すれば良いかわからず、一歩が踏み出せない。」
  • 「電子契約にはどんなメリットがあるのだろう。」

そんな悩みを抱えている企業や、自社の作業効率を促進させたい経営者の方に向けて、この記事では、おすすめな電子契約ツールを7つ紹介します。また、電子契約ツールを選ぶ際のポイント電子契約ツール導入のメリットデメリットなども解説します。

電子契約ツールを導入して、自社の作業効率、売上促進を検討されている方はぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • おすすめの電子契約ツール
  • 電子契約ツールの選び方
  • 電子契約ツールを利用するメリット

また、弊社では、SEOを熟知したプロによる記事コンテンツ作成から被リンク獲得まで、SEO対策に関してまるっとご対応可能です。

SEO対策に関して少しでもお悩みの方はぜひ一度弊社へご相談ください。

▷ 今すぐPPPに無料で相談する

おすすめ電子契約ツール8選

1. 電子印鑑GMOサイン | 最も選ばれている電子契約

引用元:電子印鑑GMOサイン公式HP

料金 お試しフリープラン:0円
契約印&実印プラン:月額9,680円
機能 手書きサイン、押印ワークフロー、契約書の保管・検索、厳格な本人確認、テンプレート機能、一括送信
使いやすさ サポートが手厚く、初心者でも使いやすい
導入方法 まずはお試しフリープランから

電子印鑑GMOサインは、50万社以上の企業や自治体にも導入されている電子契約ツールです。同水準の他者とサービスと比べ『コスパが良くて高機能である点』が評価されています。

また、電子印鑑GMOサインのセキュリティは国内トップレベルであり、導入時や導入後の電話サポートも手厚いため、安心して利用できます。

『お試しフリープラン』が用意されているので、まずは無料で使用感を確かめた後に、導入を検討してみるのが良いでしょう。月額プラン(契約印&実印プラン)は、追加費用なしでかなり充実した標準機能が備わっています。

「電子契約ツールが多すぎてどれを選べばいいか分からない。」そんな企業には、電子印鑑GMOサインをおすすめします。

2.みんなの電子署名 | 無料で様々な機能を利用可

引用元:みんなの電子署名公式HP

料金 月額固定料金:無料
文書作成・送信料金:無料
※1年以上の文書保管については、有償サービスとなっております。
機能 電子署名、認定タイムスタンプ、ワークフロー設定、ワンタイムパスワード、文書の保管、検索、操作ログ記録、IP制限
使いやすさ 費用をかけずに利用できるため、初心者でも気軽に使いやすい。
導入方法 公式サイトからの新規登録

みんなの電子署名は、使い方によっては費用をかけずに完全無料で利用できる電子契約ツールです。他社では有料となっている機能でも、無料で利用できるため、毎月の契約数が少ない中小企業や個人の方で、コストを抑えたツールをお探しの場合におすすめです。 

また、みんなの電子署名は1年以上保管期間が経過した文書のみ、保管料金が発生します。文書の保管期間、保管量に応じた金額費用がかかる仕組みであるため、長期間継続して利用する場合にもかなりお得なツールとなっています。 

そのため、費用をかけず「最初の1年間とりあえずお試しで使ってみたい!」といった方法も可能なため、初めて電子契約ツールを導入する方も気軽に利用しやすく、おすすめです。

 1年以上保管した文書には保管料金がかかってしまいますが、月額550円/50文書とかなりリーズナブルな価格設定となっています。
※支払いには10枚綴りの保管チケット(5,500円)を購入する必要があります。

3.クラウドサイン | 国内シェアNo1

引用元:クラウドサイン公式HP

料金 Free Plan:0円
Light:月額10,000円
Corporate:月額28,000円
Enterprise:お問い合わせ
機能 権限カスタマイズ、契約一元管理、テンプレート設定、帳票作成、検索機能、ステータス確認、アラート機能、リマインド機能
使いやすさ 弁護士監修が監修しているため、安心して利用できる
導入方法 まずはFree Planから

クラウドサインとは、弁護士ドットコム株式会社が運営している、契約締結から契約書管理まで可能なクラウド型の電子契約ツールです。弁護士が監修しているため、初心者でも安心して導入できます。

契約書をアップロードし、承認してもらうだけで契約が完了します。書類の受信者はクラウドサインに登録する必要がないため、比較的締結が簡単です。

そのため、アルバイトや個人事業主に対して、対個人の契約をする際におすすめな電子契約ツールです。

注意すべきなのは、契約書の送信はPDF形式であり、送信料が200円/1回 と少し高めに設定されている点です。

4.CMサイン| 立会人型電子署名サービス

引用元:CMサイン公式HP

料金 公式HPからお問い合わせ
機能 かんたん契約書作成、マルチデバイス対応、SMS署名依頼、テンプレート登録、クラウド文書管理、ワークフロー管理
使いやすさ お問い合わせが必要な点、少し利用開始まで時間がかかる可能性がある。
導入方法 公式HPからお問い合わせ

CMサインとは、GMOグローバルサインの電子署名を使用した、立会人型の電子契約ツールです。運営会社である、CM.comはグローバルにビジネスを展開する大きな企業であるからこそ、安心して利用できます。

テンプレートやワークフロー、かんたん契約書作成などの業務効率化に特化した機能が充実しているだけでなく、SMSによる本人認証で署名環境の安全性や本人確実性も担保されています。

また、CMサインはお客様のシステムに組み込んで再販する、リセールに特化したサービスでもあります。

料金プランについては、公式サイトで具体的に公開はされていません。料金プランを知りたい方は、一度CMサイン公式サイトからお問い合わせしてみましょう。

5.FAST SIGN | 固定料金で利用可能

引用元:FAST SIGN公式HP

料金 無料プラン:0円
ライトプラン:月額10,000円
ベーシックプラン:20,000円
プレミアムプラン:応相談
機能 契約書テンプレート、ワークフロー、文書管理、契約書メール送付、契約書SMS送付、契約書一括送信、ファイル添付、書類データインポート、Web面接連携
使いやすさ 固定料金で使えるため、人材派遣やアルバイト・パートなど多くの雇用契約で利用する企業等でも予算が組みやすい。
導入方法 まずは無料プランから

FAST SIGNは、Web面接ツールSOKUMENと連携できるため、採用活動から雇用契約までを一貫して対応できる電子契約ツールです。
※連携は任意でFAST SIGN単体でも利用可能です。
※業務委託契約や機密保持契約など雇用契約以外にもBtoBの契約にも利用可能です。

FAST SIGN最大の特徴は固定料金で利用可能な点です。各プラン内の通数であれば、月額料金に費用が上乗せされず、固定料金の中で一定数の締結が可能であるため、人材派遣やアルバイト・パートの雇用契約など毎月多くの契約書が発生する企業でも安心して利用することができます。

また、FAST SIGNでは料金プランに関わる契約書の通数カウントは、発行段階ではなく、締結後に行われるため「契約書を発行したが締結されなかった」という場合には無駄な料金がかかりません。

さらに、複数枚の契約書をまとめて1通カウントできるため、リーズナブルに使用することも可能です。

SMSのみで契約書を送付することもでき、スマホでも簡単に契約を結べるため、人材派遣やアルバイト・パートの雇用契約などの個人との契約をサクッと済ませたい場合におすすめできます。

FAST SIGNには3つの料金プランがありますが、どれも初期費用は無料です。

6.クラウドコントラクト | 中小企業・個人事業主に強い

引用元:クラウドコントラクト公式HP

料金 ライト:月額3,980円~
スタンダード:月額7,480円~
機能 契約書保管機能、契約状況の確認機能、電子署名機能、タイムスタンプ機能、契約所のダウンロード機能、スマホ・タブレット対応、ファイル名検索機能、社内稟議機能、一括送信機能、複数社間契約機能
使いやすさ シンプルで低価格のため、かなり使いやすい
導入方法 2週間の無料トライアル

クラウドコントラクトは、中小企業・個人事業主専用の電子契約ツールです。大企業は対象外としており、ベンチャー企業や個人など中小規模の組織のみを対象としています。

クラウドコントラクトの最大の魅力は、シンプルで使いやすいデザインと料金プランの手軽さです。

大企業向けのサービスではないため、月に数百件の契約締結をする機能やアカウント作成数、一括送信可能数、ストレージを削減し、リーズナブルな料金設定となっています。

簡単1分登録で、2週間の無料トライアルを始めることができます。中小企業や個人の方は一度無料トライアルを利用することをおすすめします。

7.SignTime | 直感的な操作ができる

引用元:Sign Time公式HP

料金 エントリー:月額980円
スタンダード:月額2,480円
プレミアム:月額8,600円
エンタープライズ:ご相談 ※カスタイマイズ対応
機能 かんたん契約書作成、word、excel、jpegなどの多様なファイル形式の書類をアップロード可、手書きのような署名、契約の進捗管理、契約書テンプレート設定、検索性のよい書類タグ機能、添付ファイル機能、ブロックチェーン連携(改ざん検知)など
使いやすさ 月額980円から利用可。シンプルなUIで誰でもすぐに操作できる“やさしい操作性”
導入方法 30日間無料トライアル、お問い合わせで導入サポート(無償)あり

SignTime(サインタイム)は、コストパフォーマンスを重視した企業におすすめの電子契約ツールです。電子契約に際し、「早い」「簡単」「安い」「安全」をモットーに誰でもすぐに操作できる”やさしい操作性”で電子契約や社内稟議などのワークフローに置き換えできるのが特徴です。

各プランに無料送信件数がついたお得なプラン設計で、最安の月額980円のエントリープランでは50通/年まで無料で利用できるため、契約書の送信枚数が多い企業や1名単位で利用したい企業に、かなりおすすめです。

また、各企業の技術やセキュリティ要件に合わせたカスタム開発やプランのカスタマイズにも柔軟に対応しているので、自社の要件に合わせて電子契約を使いたい企業にもおすすめです。

30日間無料トライアルを実施しているので、まずは無料で導入して操作性や機能を試してみましょう。

8.DX-sign | 導入がしやすいことで人気

引用元:DX -sign公式HP

料金 Free:月額0円
Normal:月額8,800円
Enterprise:月額55,000円〜
機能 電子署名、証明書発行、タイムスタンプ、テンプレート、ワークフロー、文書検索、グループ管理、フォルダ管理、モバイル対応
使いやすさ 初めて電子契約ツールを導入する企業にもおすすめ
導入方法 無料プラン・無料キャンペーンから

DX-Signとは、低価格で標準機能に加え便利機能も利用できる電子契約ツールです。

標準機能として、契約書の作成や送信、電子署名、タイムスタンプといった機能はもちろん、グループ管理や書類インポート機能も標準搭載されているため、追加費用をかけてアップグレードする必要がありません。また、見やすく利用しやすい配色やフォントの大きさを意識しているため、操作性にも優れています。

また、導入や運用サポートについて公式HPでかなり詳しく解説されているので、初めて電子契約ツールを導入する企業におすすめです。

電子契約ツールとは

電子契約とは、紙媒体ではなく、電子データに電子署名とタイムスタンプを付与した契約方法のことです。電子契約ツールを導入することにより、電子契約までの流れをWeb上で一貫して行うことが可能となります。

また、電子契約には書面と同等の法的証拠を残す力があり、電子契約と書面契約の法的証拠力には差がありません。

紙媒体と違い、紛失のリスクがかなり低く、有効な証拠として契約書を管理できるため安心して利用できますが、サイバー攻撃による情報の改ざんや盗難の被害を受けるリスクがあります。

そのため、導入するツールのセキュリティ対策は十分に確認する必要があります。

電子契約ツールの選び方5つのポイント

ここでは、

「どのような点に注意して電子契約ツールを選べば良いのかわからない。」

そのような方に向けて、電子契約ツールの選び方の5つのポイントを解説します。

〜電子契約ツールの選び方 5つのポイント〜

  1. 業種・課題に対応できるか
  2. 料金が自社に適しているか
  3. セキュリティが整っているか
  4. 外部のシステムと連携できるかどうか
  5. 運営会社が信頼できるかどうか

それでは詳しく解説していきます。

1.業種・課題に対応できるか

電子契約ツール選定の際には、自社の業種や課題に対応できるかどうかを確認する必要があります。各業種によって、異なった法律での契約書保管期限が定められているものもあります。

  • IT系では、契約書の他に仕様書も添付する。
  • 建設業では、許可証とセットで管理する。

このような、自社の業務にあった使い方ができるのかを確認しましょう。

また、電子契約ツールでは、契約書だけでなく納品書や請求書などを作成することも可能です。自社で作成する電子文書を洗い出し、汎用的な機能だけでなく、カスタマイズの自由度までをチェックして、使えそうなツールを選びましょう。

2.料金が自社に適しているか

自社の規模や取り扱う契約書の数に見合った電子契約ツールを選定しましょう。

電子契約ツールを導入することで、業務効率化の促進と共に人件費の削減にも繋がりますが、あまりに自社の規模を超えた高額なツールを導入してしまうと、負担が大きくなってしまいます。

  • 契約件数が多いのであれば、1件あたりの契約書送信量が安いツール
  • そこまで電子契約を行わないのであれば、最低限の機能とコスパを求めたツール

料金と機能が自社に適しているのかチェックする必要があります。

また、過去、紙媒体で契約書の取引を行っていた場合、紙契約書を電子化する際にどのくらいコストがかかるのかについても確認しておくことをおすすめします。

3.セキュリティが整っているか

電子契約ツールを導入する時はまず、セキュリティ対策機能が充実しているか確認しましょう。

電子契約ではインターネット上で個人情報や機密情報などの重要書類を取り扱うことになるため、サイバー攻撃による紛失・盗難や、従業員のミス操作による情報漏洩などのリスク対策は必須です。

  • システムログイン時の多要素認証でなりすまし防止
  • 必要に応じたアクセス制限
  • タイムスタンプ機能による情報改ざんの防止

このようなセキュリティが選定基準となります。

ツールによって、多種多様なセキュリティ対策が施されておりますので、導入前に必ず確認しましょう。

4.外部のシステムと連携できるかどうか

電子契約ツールには、契約に必要な多種機能と連携(API連携)できるものが多くあります。

  • 契約書テンプレートを活用できる
  • AI契約書レビューサービスと連携できる

このようなツールを選べば、作業効率を上げることができます。外部のシステムとの連携ができるかどうかは、長期的にツールを利用することを考えるとかなり重要な視点です。

電子契約の機能単体だけでなく、経費精算システムやチャットシステムなどとどうやって繋げていくかによって、使いやすさが変わってきます。

電子契約ツールを導入する際は、外部連携ができるツールなのか。また、APIで幅広く連携できるのか。などを確認しましょう。

5.運営会社が信頼できるかどうか

電子契約ツールを提供・運営している会社が信頼できるかどうかも重要な項目です。

  • 大手会社が運用している
  • 利用ユーザーが多い

このように、信頼できる電子契約ツールはセキュリティ面や機能面で安心できます。どうしても電子契約ツールが選べない。と困った場合は『運営会社が信頼できるかどうか』で決めることをおすすめします。

電子契約ツールを導入するメリット

電子契約ツールを導入することでどのようなメリットがあるのでしょうか?

以下で詳しく見ていきましょう。

〜電子契約ツール導入 3つのメリット〜

  1. 契約までにかかる工数が減る
  2. 保管場所を必要としない
  3. 必要となったときにすぐに用意できる

1.契約までにかかる工数が減る

書面で契約を締結する場合、

契約内容の合意

→印刷
→製本
→郵送
→保管

このように大量な事務作業が必要となります。

しかし、電子契約ツールを導入することで、これら全ての作業をオンライン上で簡単に行うことができるため、契約締結までにかかる工数が減り、作業の効率化に繋がります。

今では、契約書の受取側がツールを使っていなくても締結できるものが増えているので、導入に踏み切りやすい点もメリットです。

2.保管場所を必要としない

膨大な数の契約書をオフィスやロッカー、さらには倉庫を借りて保管する。書面で取引をしていると、契約書を保管するだけでもコストがかかることもありました。

しかし、電子契約ツールを導入することで、契約書をインターネット上にデータとして保存できるため、保管に関する大幅なコストカットだけでなく、書類の整理などの作業も不要となります。

3.必要となったときにすぐに用意できる

電子契約ツールを導入し、契約書を電子データ化することで、契約終了後にも必要となったときにすぐ用意することができます。

膨大な書面の契約書の中から、必要なものを探すのはかなり大変ですが、電子データなら簡単に契約書の検索や閲覧ができます。

労力がかかる作業を減らしてくれる点が電子契約ツールを導入するメリットです。

電子契約ツールを導入するデメリット

電子契約のデメリットを理解しておき、事前に対策することは大切です。

ここでは、電子契約ツール導入により起こりうるデメリットについて詳しく解説します。

〜電子契約ツール導入 3つのデメリット〜

  1. 取引先が電子契約を行っていない可能性がある
  2. 契約内容によっては紙媒体での契約が必須の場合がある
  3. サイバー攻撃の被害にあう可能性がある

1.取引先が電子契約を行なっていない可能性がある

電子契約の普及率は年々高まってきているものの、未だ導入しておらず「初めて電子契約を利用する取引先」である可能性もあります。

電子契約を導入していない取引先には、電子契約導入のメリットや操作方法などを説明し、理解してもらい、その上で取引をするなどの柔軟な対応が必要となります。

しかし、現在の電子契約ツールでは、取引先はメールの送受信を行うだけで契約締結が完了するものも多くあります。そういった強みを理解してもらうようにしましょう。

2.契約内容によっては紙媒体での契約が必須の場合がある

契約内容によっては、法律により契約書の電子化が認められておらず、紙媒体での契約が必須の場合があります。

  • 定期借地契約
  • 定期建物賃貸借契約に関する契約書
  • 訪問販売等特定商取引における交付書面
  • 電話勧誘販売
  • 連鎖販売取引における書面

このような契約は電子化することができません。

契約内容が長期で、高額になりがちな不動産関連などは電子契約が認められません。電子契約ツールを導入する際は、一度認められない契約が自社にないか、弁護士に確認しておくことをおすすめします。

3.サイバー攻撃の被害にあう可能性がある

電子契約は、主に自社サーバーやインターネット上に保管されます。そのため、サイバー攻撃の被害にあう可能性も否定できません。

電子データを保管しているサーバーがサイバー攻撃に遭うと、データが止められてしまったり、サイト機能停止などの問題が起きてしまいます。

セキュリティは向上しつつありますが、そういったデメリットを避けるためにデータの保管等のセキュリティ対策がしっかりされている、信頼できるツールを選ぶ必要があります。

まとめ:電子契約ツールを導入して契約の流れをスムーズにしよう

今回は、電子契約ツールについて解説しました。

電子契約ツールを導入することで、契約までのスピードが劇的に早くなり、作業効率が上がります。

本稿で紹介したツールの選び方、メリットやデメリットを参考にしながら、自社にあったサービスを検討してみましょう。

また、弊社では、SEOを熟知したプロによる記事コンテンツ作成から営業舞台に被リンク獲得まで、SEO対策に関してまるっとご対応可能です。

SEO対策に関して少しでもお悩みの方はぜひ一度弊社へご相談ください。

▷ 今すぐPPPに無料で相談する

Related
Popular